子供のプライバシーは親が守る!SNSを使う親御さんが考えたいこと


子供が大人になったとき、嫌な思いをしませんか?

SNSでは、「子供の失敗や不思議な行動などをカメラに収めた」といった内容の投稿をよく見かけます。確かに、子供ってどんな姿でも可愛いものですよね。誰かと共有したくなる親御さんの気持ちも理解できます。しかし一度ネット上にアップされたデータは、完全に消えることがまずありません。大きくなってから子供だった自分の姿を見つけたら、恥ずかしい思いや情けない気持ちになったりはしませんか?ホームビデオやアルバムと違い、ネット上の写真・動画は意図せず目に入ってしまうこともあるのです。投稿ボタンを押す前に、大きくなった子供の気持ちを少しばかり想像してみてください。

子供の情報を知らない誰かに渡していませんか?

犯罪を起こす人というのは「まさか、そんなことをするとは…」とビックリされる人ばかりです。つまり普段はいたって真面目で、普通に生活を送っていた人がほとんどだということ。実生活でもこうですから、素性を隠せるSNSではなおさら、子供に近づく犯罪者を未然に遠ざけるというのは難しいものです。SNS上で子供の安全を守るには、まずは子供の情報を知らない誰かに渡さないことが大切。子供の顔はスタンプなどで隠し、自宅周辺の景色は写さないようにしましょう。名前や住所の特定を防ぐためです。もちろん、名前や通っている幼稚園・学校などの制服も隠すべき情報と言えます。

子供にもプライバシーがあることを忘れないで

最後に、子供は生まれた瞬間から人間としての権利を持ちます。子供のプライバシーもまた、一人の人間として尊重されるべき権利の一つです。親の立場でいるとつい踏み込みすぎてしまいそうになりますが、気を付けて!子供がいつか嫌な思いをしないように、十分配慮してSNSを使っていきたいですね。

日本でシュレッダーと聞けば、紙を裁断する機械を連想しますが、英語ではキャベツの千切り機という意味があります。